diary

ミニ胡蝶蘭

昨日、いや一昨日は異常なかったはずだが。なんだこの有り様は。慌てて裏を見ると、緑色のヤツが一言。「食べましたけど、何か?」

ばら

先週、二番花のラストと書いたけどもう一輪咲きました。これでホントのラスト。後ろの観葉植物はモロヘイヤ師匠からの預かりもの。

メガネ

黒縁メガネはもう7年ほど使ったので新調しました。今度は茶色。遠くも近くもよく見える。

傷跡

傷跡がちょっと残っているけど時間が経てば元に戻るでしょう。

預かり物

そのモロヘイヤ師匠がしばらく留守にするため、我が家のモロヘイヤの親分にあたる鉢を預かりやした。どんどん食すとこうやってワラワラ生えてくるそうな。

収穫

モロヘイヤ、葉っぱが大きくなるにつれ虫に喰われてしまう。モロヘイヤ師匠曰く、「美味いから虫がつくのである。喰われる前に食え。」ということで収穫。

赤ワイン

先日のこと。いつもいただく赤ワインがコロナの影響で入荷が遅れていて、代わりに出してくださったのがこのワイン。ラベルが面白い。コレッツィオーネ・チンクアンタ。産地はサンマルツァーノ、イタリアの「かかと」のあたりだそう。とても美味しい。

昼寝

梅雨が明けた途端に真夏。昼間はずっと寝てるよ。

干物

エリンギを乾燥させています。旨味と栄養が詰まるとか。

ぼちぼち

エリザベスカラーは外していいでしょう。剥がれたかさぶたを絡まっている毛から取り除くのが楽しい。